築浅 賃貸 少ない理由!たまプラーザ あざみ野 賃貸講座

公開日:

カテゴリー: 築浅 | 賃貸講座


賃貸講座

田園都市線

「たまプラーザ」「あざみ野」の徒歩13圏内の物件に特化した

夫婦二人 で やっている賃貸専門の 小さな不動産屋

 

メープル不動産 の 代表 塚越です

 

平成元年より 地元管理会社に 20年間 勤務し

独立して10年で30年間 不動産に携わって参りましたので

 

不動産賃貸の 表も 裏も 出来るだけ お話して行こうと 思います

不動産 の 常識は 意外に狭い範囲での常識 という事も多いので

田園都市線「たまプラーザ」 「あざみ野」エリアで

 

お部屋探しを したい方に限定してのお話という事で お聞き下さいね

 

 

今回は 

「 築浅物件の少ない理由 」についてお話して参ります

新しいに越したことはない賃貸のお部屋ですが

実際に探してみると 築浅物件 少ないな~と 思ったこと

ありませんか

 

 

この辺りのエリアで 賃貸マンション、賃貸アパート

賃貸テラスハウス、賃貸戸建を建てる人は、地主さんが殆どです

 

 

何のために マンションやアパ-トを建てるかというと

ほぼ 相続税 対策なんです

 

万一、地主さんが亡くなり 相続が発生すると

相続税も発生します

 

土地をそのままにしておくと プラス資産しか 残りませんが

マンションを建てるために銀行等でお金を借りると それがマイナス資産となり

 

プラス資産とマイナス資産で相殺ができ 結果、相続税が安くなります

 

たまプラーザ や あざみ野では 昭和50年代後半から 建築ラッシュになりました

 

 

私が 地元の管理会社に入社したのが 平成元年で

当時は新築物件の打ち合わせ、お引き渡しが コンスタントにありました

バブル経済が 翌年の平成2年頃に 崩壊する訳ですが

その後も 平成7年くらいまでは建築ラッシュが続きました

 

ただ、マンションも何棟か建て終わり

マイナス資産(借入)も 既に作った地主さんは

 

これ以上 マイナス資産を作る(マンションを建てる)必要がなくなってきます

(景気も悪かったですから)

 

何となく 平成8年頃から物件自体 少ない感じ、

ありませんか?

 

この平成8年というのは 私の肌感覚で

新築物件の打ち合わせが 極端に減ってきたのが この時期でした

 

ですから 築10年以内はもちろんですが

築20年以内の物件も そう多くないはずです

 

ただ、建築費が抑えられる 木造(アパートやテラスハウス)は

その後も ほぞぼぞと建築されていた様に思います

 

 

でも ポータルサイトで

築浅物件あるじゃん と思ったあなた

 

そのサイト よ~く見て下さい

ご覧になっているエリア、広くありませんか

 

一駅単位でみると 少なくないですか

 

新築物件等 同じ建物で幾つもお部屋が登録されてませんか

 

 

それと もう一つ、 分譲賃貸は別です

分譲マンションは 平成8年以降も ある程度 コンスタントに建築されてきて

そのお部屋の所有者さんが 何かの理由で 賃貸に出す訳なので

分譲賃貸の物件として 募集しているお部屋は そこそこあると思います

 

ただし、分譲マンションですから 平米数も広くなり

賃料も 高~くなります

さあ 如何でしたか

築浅物件 を 狙っているお客様

 

出来れば 「 築浅 」の条件は変えたくない のも わかりますが

一般賃貸では かなり数が少ないことを承知で お探し頂くしかないのが現状です

 

 

今回は たまプラーザ・あざみ野での

築浅物件が少ない理由を お話させて頂きました

 

メープル不動産 塚越でした !

****************************************
田園都市線「あざみ野」「たまプラーザ」徒歩13分圏 

賃貸専門 メープル不動産

〒225-0013 横浜市青葉区荏田町1476-1 カーサビラ 8G
電話:045-914-8808 Fax:045-914-8818

メールはこちら!: info@maple1818.jp  

――― ホームページもご覧下さい!―――
PC版 :https://www.maple1818.jp/ 
スマホ版:https://www.maple1818.jp/mp/

****************************************